秋の大収穫祭 9/15(金)から10/1(木)まで

ブルーライトから目を守る ブルーライトカット液晶保護フィルム

トップ | 腱鞘炎予防マウス

パソコンを使っていて手首や肘、肩・背中・腰に痛みを感じた方はいらっしゃいませんか?それはもしかしたら…「マウス腱鞘炎」かも。マウス腱鞘炎対策には腱鞘炎予防マウス

心拍数測れるマウスあります

腱鞘炎予防マウスの売れ筋ランキング

今売れている腱鞘炎予防マウスをご紹介します。
お気に入りの商品探しの参考にしてみてください。

サイズ別おすすめの腱鞘炎予防マウス

自分の手に合わないマウスを使っていると、マウス腱鞘炎になる可能性があります。
ちゃんと自分の手の大きさに合ったマウスを選びましょう。

タイプから選ぶ

有線・無線タイプ・トラックボールなど様々な腱鞘炎予防マウスを取り揃えています。
自分の用途に合った商品を選びましょう。

  • 電池切れを気にすることなく使える有線タイプ
  • ケーブルが無く使い勝手がいい無線タイプ
  • マウスを動かさず指だけで操作できるトラックボール

色・形状から選ぶ

色や形状も腱鞘炎予防マウスを選ぶには重要な項目です。
自分の好きな色・形のマウスを探してみてください。

有線タイプ

無線タイプ

トラックボール

マウスを使っていると手首や腕が痛い…それはマウス腱鞘炎です。

マウス腱鞘炎とは…

パソコンを使っていて手首や肘、肩・背中・腰に痛みを感じた方はいらっしゃいませんか?
それはもしかしたら「マウス腱鞘炎」かもしれません。
「マウス腱鞘炎」とは、パソコン使用時にマウスを不自然な持ち方で長時間使い続けることでおきる身体の不調をいいます。
「マウス腱鞘炎」は「マウス症候群」ともいい、2種類の症状に分かれます。

1.マウスの使用による手・腕の不調
手首や親指の付け根の痛み、手や腕のしびれ、肘や肩の痛み、握力の低下など。
2.マウスの使用に伴って身体の軸が崩れることによる不調
マウスを利き手だけで長時間使用するので、利き手側に負担がかかり、身体の軸が崩れてきます。
そのため、頭痛、腰痛、背中の痛み、耳鳴り、目の疲れ、むくみ、肌荒れなどが起こります。

手首の状態 エルゴノミクスマウスの場合と一般的なマウスの場合

tendinitis_arrow

▲TOPに戻る

大特価セールや症状別のオススメ商品満載!TOPページへ行く